●アンケート


 スタッフがTUTAYAに行ったときのこと。アンケート用紙があったので何気なく見たら全部当てはまらないのでちょっとがっがりしたという。
 DVD、カーナビ、デジカメ、衛星放送、インターネットををそれぞれ使っているかどうか、問うたものだったらしい。
 TUTAYAさんの販売戦略に則ったアンケートには違いないのだろうけど、やっぱり今風の道具だとは分かるだけに、かのスタッフの方は、持っていないのは時代遅れかなぁと思ったんだろうね。

●統計


 訳さなくてはならない英語の医学論文があり、ここ1週間、ひまがあれば目を通している。それに限らないのだけど、集団を扱った医学論文のなかで必ず出てくるのが、統計。χ2乗検定とかt-検定とかはなんとかついていけるのだけど、多変量解析とか cox hazard なんとかとかいうのになると、やろうとしていることはまぁ理解できるのだけど、具体的にどうするのかというともうお手上げ。論文なんかでも、統計ソフトを使ってやっているみたいだけど。

●千年の街


「千年の街」のキャッチフレーズで一時テーマパーク界をリードしたハウステンボスが倒産した。
 で、ハウステンボスにまつわる忘れられない思い出がある。ここのクリニックを開業してまもない頃、一泊二日の医師会旅行があり、まぁ顔を知ってもらおうとボクも参加した。10月のことで、マラソンシーズン真っ盛りのころ。2週後に、あるレースを控えていたので、ランニング用具を持っての参加。最初の日はハウステンボス内のなんとかいうりっぱなホテルで宴会があり、そのままそこに宿泊。翌朝酒が残っていたのだけど、気合い入れねばと、早くに起きてハウステンボスの中を何周も走り回った。
その練習が終わったときのこと。

●ハグ


 今日スタッフと話ていると「ハグする」という言葉が出た。正確な意味が分からず、一応抱きしめることだと理解していたことを話すと、スタッフのみなさんからそうだと了解を得た。でも、その語源はなにかというと誰も自信を持って答えられない。
 ウロ覚えだけど、「ハグハグする」というような言葉を聞いたことがあるような気がしたので、日本語だと思ってたんだけど、調べるとりっぱな英語。それも日常的に使用されるものらしい。きっと知らない人のほうが少ないのかもしれない。

●昇段


 昨日博多で大学医学部の同窓生による囲碁会があった。毎年2回行われていて40名以上が参加する盛況ぶり。集まるメンバーには県大会クラス、全国大会クラスの腕をもつ強者もおられる。
 参加者は超高段者のAから低段者のDクラスに分けられ、それぞれのクラスで4回競うというもの。

●組み合わせ


 今日、医師会の囲碁会があった。今回は参加者が少なく6人で3局打つことになった。若い医療関係者が何人か手伝いに来てくれてて、ボクが幹事であったため、どう組み合わせをしたらいいか彼らと相談したのだが、そのときのメモ。

●誹謗中傷


 昨日は友人と食事をして一杯やった。彼はある有名な会社の社長で、あるBBSサイトで誹謗中傷にあって参っているとのこと。
 で、そこで被害にあっているのではないが、はじめて「2チャンネル」なるビッグなBBSを覗いてみた。まぁホントにいろんなジャンルで書き込みがある。人をけなしたりしてなければ、それなりに情報があるみたいだけど、それにしてもいろんなエネルギーがあるんだなぁと感心してしまう。

●勘違い


今日スタッフからインフィニティってどういう意味ですかと訊かれた。なにやらテファニィのネックレスにつけられた名前らしい。つかさず、「それは幼児性だよ」と答え、そのあと、デズニーのミッキーマウスは、初期と今とでは目の位置とか額の広さとか角度とか違うんだよ。それはね、ミッキーマウスがみんなから愛されるように infinity を持つようになってきたからなのよ、なんて本の受け売りを披露したんだけど。

●味覚


昨日大量-ほんとうに何キロという量だった−の海の幸が手に入ったからと、近くの先生から食事に招かれる。そのとき食卓に並んでいた一つに”にし貝”というのがあった。15cmから20cm大の巻き貝。煮てあるのだが、ちょうど火を通したさざえのような舌触りで、初めて食した食材だったけど、噛めば噛むほど甘みが出て美味だった。

●囲碁


今日NHKの囲碁番組を見ていてふと思い出したことがある。いつぞや日本棋院が音頭をとって「囲碁をオリンピックの正式種目に」というキャンペーンを張っていたが、あれはどうなったのだろう。
で、ネットで調べたらまだらしい。(ここあたりを参照。ブロックになっている日本語訳が右にあるが、上から13番目)チェスは正式種目と認定されているらしいのだが、ちょっと待ってよというのはボクだけじゃないと思う。

●ゴッサムシティ


夜のニュースで直方市の市長が贈賄の容疑で逮捕されたと流れた。市長とはつい何日か前、街の焼鳥屋でとなりあわせの席になったことがある。小さな店で宴会用に二階もあるのだが、普段は一階の狭い座敷と7,8人もすわればいっぱいになるカウンターがあるだけの店。そのカウンターでのこと。

●オブジェクト指向


SEIKOのアナログ時計の表示が10時8分42秒だということについての2月12日のメモの続き。
JavaScriptで作ってみたら、いろいろ分かってきたような気がする。

●シートベルト


つい最近知り合いがシートベルト非着用でつかまり、減点されたという。つかまる直前に着用し、「付けていた」と、かなりしつこく主張したみたいだけど、「じゃぁたたかいますか」との”恫喝”で折れてしまったとのこと。どうたたかうのかも知りたいところだが、今日のメモはこのシートベルトについて。

●SEIKO


夜ネットサーフィンしていると、SEIKOの宣伝でアナログ時計を用いているものは、「10:08:42」を指しているという文言に行き当たった。どれどれとSEIKOのHPあたりを見ていると確かにそうなっている。
で、どんな角度の具合なのか、ちょっと勉強中の JavaScript を使って考えてみようと思いいろいろやったんだけど、やっぱりまだ無理。というわけで手で計算してみた。

●ゲームの理論


起きたときは曇りで、昨日の予報では雨が降らないとのことだったので、チャリの準備をしてドアを開けると雨だった。じゃぁ本でも読みながら固定バイクをこごうかと昼からジムに向かう。着いていざ本を取り出すと間違って持ってきたことが判明。「20世紀の五大定理」とかなんとかいうやつで、先週図書館から借りて来たもの。仕方なくその本をひもときながら汗を流す。
最初に出てくるのがゲームの理論。もちろん解説本で、結構わかりやすく書いてある。さわりのところしかないが、その辺りはボクもまぁまぁ知っているので、こぎながらでも楽しめた。

●レイノルズ数


昨夜、年が近い先生の母上のお通夜があった。先生とは親しくさせてもらっているのだが、母上とは面識がない。でもその先生のあいさつを聞いていると、ごくごく簡単なものなんだけどなんだか涙腺がゆるんできた。今日の昼も民放でやっていた聴覚障害者のドラマに見入っていた際、また涙腺がうるうるしてしまい、夜は夜で、航空機事故で奇跡的に助かった人たちの番組を見て、またまたマブタあたりの重量を増やしながらジーンとしてしまった。
どうもあのスペースシャトルの断熱材のように、最近感情がぼろぼろとはがれ落ちる。

●粛正(しゅくせい)


昨年11月から始めたHPが、クリニックのほうの「病気」のページをアップロードしたため、な−んとなく一段落したような気がして、今日院長室の大掃除を久しぶりにやった。とにかく本が場所を占め、収納場所もなくなり始めたため文庫本とか単行本とかを、三,四百冊図書館に引き取ってもらいに持っていく。文庫本はほとんどゴミ同然の扱いを受けるのだろうけど、100冊近い単行本は保存状態もよく、きっと命拾いして図書館でまた長生きすることになると思う。

●(笑)


 ネットを見ていると、ときどき文の終わりに(笑)と書いてあるのをみかけるけど、あれってどういう意味なんだろう。
現在の(笑)についての起源は知らないけど、昔から週刊誌の対談集などに出てくるようで、話しの中で笑いが起こったことを読者に知らせるために使われていたような気がする。対談者同士がなごんだという雰囲気がそれなりに伝わってくるんだけど、現在の使われ方はちょっと違う。

明らかに一人で綴っている文に登場する。ほかの人が読んで笑えるような文章であれば、そんなの書く必要ないし、ホントなんなんだろうって思うわけ。

●ヘボン式


ページの「院長室」の重さに気づき、最近写真やなにやを削って軽量化したんけど、ほかのページもかなり重いのに、またまた今日気づく。で、いろいろまたまた身を削ったわけでして。
トップなんてのは、相当省きまくりで、”Mizumachi Clinic”が画像だったのを、文字で Mizumachi と書くだけにした。日本式で Mizumati じゃなく迷わず Mizumachi のヘボン式にしたんだけど。
でそのとき思ったこと、。ヘボン式ってなんだろうってこと。

● 後藤散


今日スタッフのあいだで、後藤さんの呼び方は、とうさんなのか、ゴトウさんなのかという会話があった。とうさんとかとうさんなんか前にアクセントがあるから、結局とうさんが正解じゃないかということになったんだけど、じゃあなんで、ゴトウさんという平坦なアクセントの呼び方があるのって話になった。途中で話に加わったボクが思いつきで、「きっと、風邪薬の後藤散からきてるんじゃなかろうか」ってなこというと、賛同を得られ、またみなさん晴れ晴れとした面もちで仕事に戻られた次第で。
でもあとでよく考えると、加納さんなんてのは、のうさんじゃなくてカノウさんだろうし、伊藤さんもイトウさんだよなぁ。

●ポアソン分布


コロンビアのような事故の確率はおよそ240分の1だというNASAの高官の発言が書いてあるサイトがあった。
今日のメモはこの確率について。

●降水確率


今日は朝から院長室でパソコンづけ。昨日の天気予報では、今日の空模様は雨だということだったので、バイクの練習はできないだろうなと、昨夜は気を抜いて友人と酒を酌み交わす。
二日酔いの遅い朝だったが、驚いたことに、外は暖かいくらいの天気。身体がだるいのも手伝ってすぐに曇るんじゃなかろうかと様子を見てたが、結局雨が降り始めたのは夕刻から。練習できなかったのは、きわめて残念無念。
で、以前から思っていた天気予報の降水確率について、一度ははっきりしておこうとメモしているしだいで。