●ブロークンウィンドウ


 クルマの窓に貼っている黒いスモークシートは違反になるから取ったほうがいいと、昨日友人から連絡があったが本当だろうかと、今日、若いスタッフの方から質問された。朝早い情報番組で同じ内容のことが流れていたので、その情報をそのスタッフに教えてあげた。なんでも罰金がン十万円、禁固刑かなに刑かしらないが、6ヶ月以内だと。
 ついでに、おそらくブロークンウィンドウ理論による取り締まりじゃないかと、これまた受け売りの知識を披露したのでありまして。

●オフィシャルサイト


 今日は当番医で、めずらしく忙しく働いた。さすがに夕方近くになるとヒマになり、一人テレビを眺めていたら、S.E.N.S というバンドのライブが流れていた。NHKの「故宮」とか「海のシルクロード」、また民放の「あすなろ白書」「神様、もう少しだけ」のテーマソングを手がけたりしていて、聴いたことのある曲もたくさんあり、かなり気に入ってしまった。
 で、オフィシャルサイトで調べるとそうとう有名みたい。知らなかったのはボクだけなのねってカンジでして。

●昆虫


 レントゲン室の空調機がおかしくなったため、先日電気屋さんにみてもらったら、電気系統のとこに黒いアリさんが卵を植えつけていた。外につながるダクトから入ってきたようで、その方の話ではそんな小さな昆虫どころかカエルさんとか、モグラさんなんて大きな生き物もいたずらをすることがあるそうな。

●ベルヌイの法則


 宮古島トライアスロンのレースも近くなったので、最近はまじめにプールに通っている。このメモを振り返っても、水泳のことは一度も触れてないみたいだし、やっぱ練習してこなかったんだなぁと思う。
水 泳はきらいじゃないんだけど、なんだかなかなか上達しなくて。ときどき思い出したように、水の中でピチャピチャとはやっていたのだけど、さすがに一ヶ月も切ると、このままじゃ溺れてしまうかもと怯えつつ、少し気合いを入れているわけで。

●どこかへ


ウェブリングjapan というサイトがある。共通の話題をもったHP同士が つながるように面倒を見てくれるサイトで、自分である話題を中心にリングを作ってもいいし、すでにあるリングに参加してもいいみたい。
 じつはクリニックのHPを作っては見たものの、なかなか訪問者が増えないため、なにかアピール法がないものかといろいろ探していて出くわしたもの。
 いろんなHPを見てると、四角て小さなバナーが貼ってあり、なんだろうって今まで見てたけど、あれってほとんどが、このウェブリングから出てきたグループみたい。

●雑


 今日のCNNを見てたら、今度の戦争、報道機関によっていろいろ呼び方が違うことを告げていた。
 WAR with IRAQ、WAR in IRAQ、WAR at IRAQ やほかにも2つ、3つ表にして上げていたが一瞬だったのでメモできず。with はイラクとの戦争、in はイラクでの戦争、at はイラクで戦争ってなことになるのかな。
 でも、いずれにしてもいえることは、報道もかなり混乱しているんじゃないかということ。

●八つ橋


 今日スタッフの方が、知人からもらったといって生八つ橋をもってきてくれた。けっこうこういう甘いのって好きなほうで、あっというまに三つもムシャムシャと食べてしまった。まぁ今日はあまりメモするようなこともないので、せっかくだからこの八つ橋の由来ぐらいをメモしておこうかと思って。

●小道具


 今日、大沢在昌さんの「新宿鮫」というシリーズものの一つを読み終えた。優秀だが警察秩序に違和感を抱いている鮫島という刑事が、事件に立ち向かうお話。実は、2月の中旬、友人の先生から届けられたものの一冊で、院長室にはこの鮫さんたちが、ゆうに10冊以上泳ぎ回っている。きっとシリーズもの全部そろっているんじゃなかろうか。
 酒の場で、その先生が「おもしろいよ」といったのに対する「じゃあ読んでみよう」といったボクの返事に対するご厚意でして。
 まぁゆっくり読んでいこうと思うのですが、今日のメモは、そのなかに出てくる小道具にまつわることついて。

●三コウ


 今日のNHKの囲碁番組のこと。昨年の4月に始まったトーナメントの決勝戦だったんだけど、見ててなにがなんだか分からなかった。対戦者とは別のプロ棋士が同時進行的に解説をするのだけど、早碁ということもあって、その解説者もしどろもどろってカンジでして。

●with


 今日CNNの番組で、WAR with IRAQ と題した討論があっていた。もちろんイラク戦争ということなのだけど、このwith なんとなく頭のなかで”一緒に”という訳が先行し、むしろ”なかよし”って印象があり、不思議な感じがした。じゃあ、なんという前置詞がぴったしなのかと考えたんだけど。

●ネーミング


 不思議に思うんだけど、米軍が軍事作戦に名前を付けるのはなぜなんだろう。
 湾岸戦争のときは「砂漠の嵐」。今回は「イラクの自由」。湾岸戦争はイラクがクェートに侵攻し、その排除という目的がはっきりしてたので、やや戦争の悲惨さを隠すような、いわば映画風のネーミングでもよかったのだろうけど、今回はきっちりつけとかないと、兵士の間に「なんで行かなきゃいけないの」ってな雰囲気が漂うんだろうなぁ。
 小学校に赴任したばかりの新米先生。職員会議に血気盛んに臨んでいる。議題は「遠足」

●イマジン


想像してみよう、天国なんて無いと、 やってみればたやすいこと

●組長


 またまたバカバカしいことが起ころうとしている。

 藪一家の組長、最近めちゃくちゃ気に入らないことがある。手塩にかけた布施組の組長がいうことをきかないのだ。それどころか、どうも藪組に抗争をしかけようという気配がある。そこで藪組自慢の白い家に一家の幹部たちが集まって相談の運びになったわけでして。

●SleepWalk


 15日のライブでのプレゼントのお礼を、かのANDYのBBSに書き込んだ。ついでにボクが写っている写真をどなたかお持ちじゃないかと問うたところ、奥さんが撮ったモノ、といってROCKIN' COOL DADDYのベースの方からのメールが届いた。
 それがこれ。(ちょっと重いけど、ぜひ見てくだされ。間違い探しの要領で見てると、ボクが分かるはず)

●masolitude


 昨夜、北九州のANDYというライブハウスに行った。その日はロックをやると小耳にはさんでいたので、ハードロックっぽいのかなぁとか勝手に想像して楽しみにしていったのだけど、ブラスが入ったバンドでして。
 確かコルネット、トロンボーン、ギター、ベース、テナー、アルトサックスそれぞれ一本とペット2本、あとドラムとヴォーカルといった構成。こんなバンド構成なんというのか知らないけど、いわゆるビックバンド風の音作り。

●愚痴


 今日、スタッフの方がこうグチられた。
 血液型判断に凝っている方で、不思議なことに人を血液型で判断してしまう自分がイヤだそうで。なんとかならないかとボクに相談を持ちかけるほどなんだけど。
…きっともう少し状況を説明しないといけなそう。

●赤面


 今日、ほかの病院へ診療手伝いにいったときのこと。そこの病院は処方箋を書いた人が日付を記さなければいけない約束がある。

 何人目かの患者さんは几帳面な方で、ボクが「2週間分の薬を出しておきましょう」といったあと、次の来院日を確認された。

 今日は13日だから2週後は当然27日のはずで、その日にちを口にされた。でもボクは「いえいえ20日ですよ」と反論したんだけど。
 患者さんと看護婦さんとボクとでしばらくカレンダーを眺めていたが、間違っていたのは明らかにボク。要するに一週間日にちを遅れて、今日の日を認識していたわけでして。

●題名


 前にメモした医師会報に載せる原稿ができたので、スタッフに無理をいって見てもらった。医師会からは健康についての雑文を書くように指示されてて、副題は勝手につけろというもの。題名を書かずに渡した原稿を、時間が空いたときに目を通してくれたようで。みなさんから結構いい評価を頂いたんだけど、この原稿に関連したできごとが今日のメモ。

●淡麗


 ボクはビール党で、いつもたしなむのは某メーカーの”淡麗”生。で、今日はギターを弾きながら少し口にしてたんだけど、今日のメモは、”淡麗”エトセトラということで。
 そもそも”淡麗”ってこんな字だったっけ? ”たんれい”ってワープロで打つと”端麗”でしか出ない。
 でも端麗というのは、容姿端麗とかに使うように、きっちり麗しいという意味だよね。”端”のほうだけ、つまりちょこっと麗しいとかいう意味を想像させるような”端”を使うのは、なぜだろう。
 で、ネットで調べたらどうも、”端”というのはしっかり根付いたという意味があるみたい。要するに、容姿はシッカリ、ハッキリ麗しいというわけね。
じゃあ、なんで”淡麗”なの?

●お告げ


 今日知人から聞いた話。なんでもその人の友達が、体調が悪いとのことで以前より、ゴマ供養とかその手の信仰で状況を克服されようとしていたとのこと。それでも改善せず、今度は霊媒師にすがることにしたとのことで、反面少し不安もあってか、その知人は同伴を依頼されたらしい。

●アレげ


 LANについて調べようとネットを見ていたら、「かなりアレげな家庭内LAN」というページに出くわした。LANの説明がけっこう詳しくあり、それなりに勉強になったのだけど、”アレげ”の意味が分からない。

●創作


 今日おもしろい番組があった。島田伸介が司会で、いくつかの奇妙な出来事を紹介し、その理由を回答者に考えさせるというもの。ほかのことをやりながら、それも途中からだったので、詳しくはメモしなかったけど、たとえばこんなもの。
 南米のエクアドルで、ある子供がオタマジャクシを部屋の机の上で飼っていたが、朝起きると2m離れたところにいるという。その場所は、中央に水をためることのできる植物の、その水たまりのなか。何匹もいたがすべて、それぞれが何本かのその植物のなかにいたという。机の上には水が滴った跡がある。どうしてかというもの。
 ほかにも練馬区の広報を流す街角のスピーカーから、青森の放送が流れたという。なぜかなどなど。

●不良中年


 つい最近、中学校時代の友達とワイワイ飲んでて、酒の勢いで「不良中年」のサイトを立ち上げようってな話が冗談半分で出た。けしからん話なども含めて、サイトの内容を酒の肴にして夜は更けていったんだけど。この不良中年という言葉にはなにか魅力を感じる。

●安請け合い


 今日、知り合いの県の医師会報を担当している先生から、原稿を書いてくれと連絡があった。なんでも二人分の原稿を取ってこなくてはならないらしく何件か依頼してみたが、断られたとのこと。その先生は、違う市に住んでおられ、勉強会などでよくご一緒して親交を頂いている。鹿児島の錦江湾遠泳大会などにも出ておられ、ボクより随分と先輩なんだけど、なにかと意見が合い、先生からも気に入ってもらっていると思っている。

●シー


 昨日のスタッフの話。友達がデズニーシーに行ったときのこと。なにかの乗り物に乗って地底の水族館みたいなところを進んでいたら、急に地上に出てジェットコースターになってびっくりしたという。
 回りのスタッフの方々は、へぇーって驚いておられたんだけど、そば耳を立てていたボクはなんとなく不思議な気分で院長室へ。
 よーく考えたあと、友達との会話で起こったことはつぎのようなことだと想像した。

●ガム


 患者さんのことはメモしないように心がけているんだけど、ちょっと知り合いのお父上であり、守秘義務にも反しないだろうと思うのでありまして。

●なぞなぞ


 ときどきスタッフに”なぞなそ”を出すことがある。あるメールマガジンからのもので、今日のようなお休みの日でも欠かさず、毎日送られてくる。
 たとえば今日の問題は「まばたきしてから光るのなーに?」ってなぐあい。ちなみに昨日のは
「使うと太って使わないと痩せるのなーに? 」で、今日の問題とともに「ふくろ」という昨日の答えが送られてくる。
 小学生でも考えられるような問題が中心で、たとえば「冷たいときは静かで熱いときはピーピー鳴くのなーに?
」なんてすぐ分かるようなものもある。まぁそういうのは除いて、ちょっと頭をひねらないと分からないようなものを、スタッフのみなさんと暇なときに考えているわけで。

●走光性


 一昨日夜走っていたら、ランニング仲間の同じ人に全く離れた二つの地点で二度も会ってしまった。この街は夜になると明かりの灯るところが限られる。もちろんチラホラと輝きはあるのだけど、ランニングするとなると連続した明かりが欲しくなる。結局、駅周辺の商店街あたりを周回するか、河川敷に灯る一つの街灯を中心に走るか、バイパス沿いの街灯に沿って走るか、になる。