●アーバン


 今日、他の病院へ診療手伝いにいったときの話。なんでも福岡に住んでいるという看護婦さんが仕事帰りに彼と博多港にあるベイサイドプレースに行くという。デートというわけね。
 でどんなことするのか聞くと、少しビールでも飲んで埠頭を眺めるだけとのこと。まわりのビルが海という自然にとけ込んでいて、夜なんかライトアップされてロマンチックだそうな。
 ふむふむ、これがいわゆるアーバンライフってやつなのかと少し感心する。

●餃子


 今日はお中元に長崎の餃子を頂いたので、せっかくだから餃子について。チチンプイプイとホント便利なネットで調べると「お金の形に似せて作り(中略)、餃子の字を分解すると食、交、子、子宝の縁起を担ぐ食べ物」だそうな。

●ゴキブリ


 そろそろゴキブリさんが部屋の隅をちょろちょろし始める季節。あの昆虫、なんだか気持ち悪く感じるのは外皮が柔らかいのも一つの理由じゃなかろうか。
 そもそも昆虫ってのは外骨格系の生き物で、ケラチンって少し固めのもので表面を覆われているんだけど、ゴキブリさんもカブト虫さんやカミキリ虫さんみたいにシッカリとした皮だったら少しは人気も回復していたんだと思う。だって固いと、ある程度逃げ込めるすき間も決まってしまうし、背中だって掴みやすいだろうしなぁ。

●竜王峡


 9人ほど医師会の若手医師が集まってやった土曜のバーベキュー。直方にある竜王峡(りゅうおうきょう)っていう滝のある山麓でやったんだけど、久しぶりに轟沈して最後の方の記憶がまったく飛んでしまっている。

●カルガリー


 昨日は中津市の花火大会に出かけた。いろいろ親しくさせて頂いている豊前の先生が中津に引っ越されたので新居の見学を兼ねての小旅行。で、りっぱな高層マンションの高い階から遠く海に上がる花火をビール片手にワイワイと楽しんだんだけど、今日のメモはその場にこられたカナダのノーマンさんについて。

●デリシャス


 今日知人から「牛刺し」なるものを頂いた。もちろんその食材を口にしたことはなんどもあるし、好きな方なんだけど人から頂くのはおそらく初めてのことのような気がする。
 かまぼこを一回り大きくしたような大きさで、よくスーパーで魚や肉をラップしてあるような白い容器に入れてあるんだけどラベルが貼ってない。受け取るときに「冷蔵庫保存で1週間ぐらいは大丈夫」といわれたんだけど、なんとなく気になる。

●フェリシモ


フェリシモ文学賞というのがある。毎年テーマが与えられ原稿用紙5枚以内で、物語でもエッセイでもなんでもいいから書いてこいっていう公募の賞で、ボクもなんどか応募している。まぁその枚数の気軽さから、うまくいったら入選かぁ、なんて空想を抱かせるのだけど、とんでもない。入選とは関係なしにおもしろいものが30編ほど小冊子にまとめられるんだけども、それさえにも引っかからないのが実状でして。

●ジェノサイド


 梅雨も終わりかけにつき、今日クリニックの中庭の草取りを決行。大して広くもない庭なんだけどジュラシックパークに出てくるラプトルみたいなやつがごそごそ動き回っても、ザーっと草が動いているのしか確認できないようなほどの草ぼーぼーの状態。でもとにかく足場を築こうと降り立った地点から力任せに草を抜き始める。

●紋章


 以前から二日酔いとか体調のすぐれないときにときどき眉間に赤い斑点が出ていた。診療開始前なんかに出ていてスタッフから指摘されると「王家の紋章なんだよ」といって前日の乱交を冗談に伏し、ものの一時間もしないうちに消えていたんだけど、なんだか最近は理由もなく出現し、かつ以前より持続している。
 つい先日も看護学校の講義のときにも出ていたらしく、終わったあと数人の生徒が酔ってきて「それなんですか」とか眉間を指して聞かれる有様。

●捜査


 パソコンの調子が悪くメモはここ二日お休み。で、7月18日のこと。
 医師会ってとこは日常的に医学情報を中心にいろんな情報が流れてくるんだけど、興味を惹くものに警察からの捜査依頼ってのがある。いろんな事件の被疑者の手配書で、ケガをしてるから治療に来てないかとか病気を持っているから薬をもらいに来てないかとか、訊ねてくるわけ。

●チャンポン


 夜、バンドの練習のあと小腹がすいたので、「うちだ屋」といううどんチェーン店に入った。お勧め品として和風チャンポンってのがポスターにあったのでそれを頼んだんだけど、麺がうどんで具はいわゆるチャンポンのものと一緒だけど、胡椒が少なく甘めの味付けで、チャンポンとはかなり異なる美味の料理でして。

●無為


 今日の昼、嘱託医をしているある施設へ検診にいったときのこと。そこの施設長とは小学校からの同級生で親しくしてるんだけど、近況報告をし終わったあと、ボクが「日曜なんか何やっての?」って聞いたのね。
 本人いわく、まったくの無趣味で、一日中なにもしないんだそうな。
 もし脳卒中かなにかで寝込んでしまい、なにもできなくなったって、いまの状態と変わらないといえば変わらないわけでしょ。そんなんでいいの?、なんてちょっと揚げ足取りみたいな質問しても、「そうだな」とそいつは笑って応えるのみ。

●くしゃみ


 この頃の暑さで夜中クーラーをつけて寝ていたら、どうも風邪気味になってしまって、今日なんだかクシャミが出てしまった。ということで思い出したのは、「くさめ」って言葉が徒然草に出てたなぁってこと。
 尼さんが「くさめくさめ」といって歩いているのを見て誰かが「どうしてそんなこといってんの」って聞くのね。で、その尼さんの答えいわく、「知り合いが風邪を引かないようにとのおまじないなのよ」って話(復習はここら辺で)なんだけど、あの「くさめ」ってなんだっけ。

●猫


 今日、ノラ猫が数匹サッシの窓から顔を出していた。えらく人なつこそうな3匹の子猫たちで、サッシを少し開けると、そのすき間から手を出してこようとする。そうとうお腹が減っているようすなのね。
 で、焼き魚の残りがあったので少しちぎってすき間から放り投げてやると、地面に落ちたものを競って食べてる。まぁこんな博愛行為もときにはよかろうと、エサやりを繰り返していると、ごちそうにありつけなかった猫がすき間から手を伸ばし始めたのね。で、そいつにもエサを上げようとしたら、あろうことか急に指を引っかかれてしまって。まぁエサを急いで取ろうとしただけで、その猫には全く悪気はなかったのだろうけど、ボクの指は血だらけになるほどのケガを負ってしまって。

●マニフェスト


 政治の場でマニフェストという言葉が流行り出しているみたい。辞書で調べると、イタリア語の「はっきり示すこと」の意味らしいが、政治の場で用いられるといままでの「老人を大事にします」的な公約を、どう実現するかという行程を示すものとして使われるようでして。なに党かもしらないけど、国会議員さんのここの解説を読むとよく分かる。

 確かにいいことなんだろうなぁ。その解説のとこにも書いてあるけど、イギリスなんかでは随分前からやられていたようで、やっぱり民主主義の歴史なんてのが関係しているんだろうか。

●安普請


 今日は診療の終わり時間に近くになって大雨が降り出した。このあたりに注意報が出るほどのものでして。で、初めてのことなんだけど、待合いのところのガラスと天井の間から雨水が漏れ初めて。
 ガラスといっても壁一面に張ってあるもので、建築業者に連絡すると外のパテがはがれているんじゃないかということらしい。

●クモの糸


 人工のクモの糸ができる可能性があるとの科学メール(バイオ21)が届いた。出典は Science,col295,p472−6.とだけしか書いてなくリンクがされてなかったので調べてみると、どうもちょっと前のニュースみたい。

●慣れ


 ずいぶん前から、いつも小さな缶コーヒ6本詰めの箱を持って来られる患者さんがいるのね。スタッフにとのことで、クリニックに入ると、まず「はい」といって受付のカウンターにそのケースを置かれるわけ。いつもお礼をいって、みんなでありがたく頂いているんだけど。

●ペンネーム


 今日のメモは、坂木俊公さんについて。ここのリンクにも上げている「医学都市伝説」というビッグサイトの管理者で、最近そこでしたためたものを「死体置き場のアルバイト」という一冊にまとめられたそうで。

●七夕


 今日は七夕。各地でいろんな風習があるようだけど、この風習てやつ、何百年と続つづく理由はなんでだろうってのが今日のメモの開始。直感的には、収穫の際の祝い事とか疫病が流行る前の対策とか、やっぱり実生活に根ざしたものなんだろうと思うわけで。
 少なくとも七夕については織り姫と彦星の恋物語なんてのにはまったく関係ないはず。だってそんな空想のお話なんてのにお付き合いしても、なんのメリットもないもんね。

●ハト


 今日近くの公園でランニングをしたんだけど、そこにいたハトさんたちがいやに人に慣れていて。すぐそばを走っても逃げようとしないわけ。まぁ別にこちらも危害を与えようとか考えてないし、楽しいなとか思いながら周回していたのね。

●魔法の杖


 今日本屋で「魔法の杖」というに出会った。結構分厚いのだけど、一ページにほんの数行、横書きで文章が書いてあるだけのもの。リンクさせたこの本の紹介をしているサイトの文を拝借すると、

●予知


 マイノリティーレポートという映画のビデオを見た。数人の予知能力者が未来に起こる殺人事件を察知し、主役で警官役のトムクルーズがそれを未然に阻止するというのが大きな筋。それにいろいろ話が絡んでいくんだけど、まぁそれは見ての楽しみということで。
 でもどんな風に予知能力が現れるのかをいくつか紹介すると。

●お好み焼き


 昨日、広島風お好み焼きを口にする機会があった。実はこの”広島風”を食するのは二度目のこと。最初は十年以上も前のことだった。5,6人の男性と”広島風お好み焼き屋”に入りったんだけど、なかに広島出身の人がいてその方が焼き方にこだわりがあるとのことで、ここぞとばかりに腕を振るわれたのね。
 昨日食べたやつもそのときと同じようなやつだったんだけど、焼きそばの上にいわゆるお好み焼きが乗せられ、ついでに目玉焼きが頂上に鎮座ましているのね。

●蛍光


 ホタルのニュースが流れる日が多くなったので、今日のメモはこのホタルについて。

 静かに点る光なれど恋に身を焼くホタルかな

●メロン


 親しくさせてもらっている先生から、夕張メロンが届いた。なんでも北海道旅行に行かれたとのこと。
 このメロン、りっぱなマスクメロンで”本物”のやつ。というのが小さい頃、プリンスメロンといって同じ瓜の仲間なんだけどマスクメロンより数倍も安い方が本物のメロンだと思ってたのね。