●ダイエー優勝


 ダイエー優勝。ほとんど普段は野球ファンではないんだけど、こういうときだけは、にわかファンに。なんといっても地元だし、優勝セールがあるしね。
 で、ネットで調べてみると、その経済効果、阪神の場合は全国で6000億円、 ダイエーは福岡県で400億円だそうな。

●ゴールド


 昨日ちょっとの期間だけということで、福岡市のあるスポーツクラブの正会員になったんだけど、そのとき提示されたのが二つのカード。
 色は一つはゴールドでなんでも県内のほかの関連施設が利用できるらしい。もう一つはシルバーで、そこの場所だけで利用できるカード。ジムの利用については、いつでも使えるバリバリコースとか夕方だけのコースとかいろいろあるんだけど、ゴールドカードでは将来ほかのコースに変更するときに費用が追加されるらしい。でもそれはコーヒー一杯ぐらいの料金。応対してくれていたスタッフから、どちらでもいいということをいわれたので、「ゴールドじゃないほうを選ぶ人はいるの」って聞くと、急にそのスタッフ、態度を硬化させ「はい、います」と声を少し荒らげる。

●観天望気


 またまた再びもう一度、HY氏からのネタ。なんでも民間天気占いのことを「観天望気(かんてんぼうき)」というらしい。
 たとえばツバメが低く飛ぶと雨が降るとかの類なんだけど、それについていろいろ述べてある本があり、その一部を教えていただいた(参照)。見ると当たる確率が70−80%もあり、先人の生活の知恵には驚かされてしまう。

●ちちんぷいぷい


 またまたHY氏提供のネタから。ネットでこんな文章を見つけられたとのこと。

『「ちちんぷいぷい、痛いの痛いのとんでいけ」というおまじないがあります。この「ちちんぷいぷい」という言葉は、一体どこからきたのでしょう?一説には、春日局が幼少時代の徳川家光を励ますために言った「智仁武勇(ちじんぶゆう)
は御世の御宝」という言葉が変化した、と言われています。長い歴史のある言葉なのですね。』

●しがらみ


 つい最近、高校の同級生が国政に打って出るとの案内状が来た。同窓生の間でも、応援しようという動きがネットを通じて入ってきている。
 でも、どういう姿勢で国政に臨むのかが、いまひとつはっきりしないんだよなぁ。
 財政は緊縮なの拡大なの?、軍備は?、教育はどうなの?って、いろいろなことについて、もし当選すれば国会での彼の一票が方向を決めることになるんだから、やっぱり気になるのは当然のことだよね。

●キー


 夜、街に出て歩道を歩いていたときのこと。白いミニスカートの女の子がマンションから飛び出してきた。歩道には白いスポーツカーが止まっていて、その女の子、車めがけて走っていく。
 ああ、いまからデートなのか。彼女、「待ったぁ?」とかいいながら助手席のドアを開けるのだろうなと思ってたら、なんと、ドアになにかを思い切りぶつけたじゃありませんか。その後すぐ今きた道を足早に引き返し、彼女またマンションに入ってしまった。

●2割


 ちょっと医療事務プログラムのグレードアップをしなくちゃいけなくなったんだけど、その作業中に思ったメモ。
 去年まではなかった医療保険の制度に、高齢者保険というのがあるのね。説明すると結構めんどうなんだけど、要するに70才以上の老人保険じゃない人を対象に給付されるもの。

●イカ天


 お好み焼きやさんのメモ。往診先の隣の店で、いつもいい匂いが漂っている。
 で、つい2週間前初めてのれんをくぐってみた。普段の往診はお昼時で白衣姿でやってんだけど、その姿で食堂に入るのもいかがなものかと遠慮してたのね。でも、そのときは他にも用事があり私服だったので往診のあと、思い切って入ったのでして。

●城下町


 先日、宇和島という四国の小都市に行ったときのこと。宇和島城といって、なんでも伊達藩と関係のあるお城があるとこのことで楽しみにしてたのね。で、駅ビル−といってもかなり小さなもの−のホテルを予約してたんだけど、シングルのお値段が宇和島城が見える部屋とそうでない部屋で1000円近く違う。
 せっかくだからお城の見える方を頼んでた。着いたのが夜ということもあり、きれいにライトアップされているんだろうなと期待してたのに、部屋に入ってカーテンを開けてもどこにもお城が見えない。おかしいなと周囲を見渡すと、遙か遠くに小さく照らし出されたお城が見えるのね。

●概念


 昼、ある人からある医学的な質問を受けた。その方、医学知識が豊富な方なので専門用語を使っても大丈夫なんだけど、答える際にある用語が出てこない。結局、用語を用いずに概念を少し説明してあと続けたんだけど、最後の方になって「あ、リガンドでした」って思い出したのね。
 このリガンドってのは、細胞の受容体という、いわば細胞の膜についているアンテナのようなものに関する概念なんだけど、忘れたら忘れたでそれについて説明すればいいんだけど、やっぱり使えるモノなら一言で済むからなにかと便利だなぁって実感したわけで。

●フン害


 前日の迷惑話ついでに。
 いつかメモしようと思ってたんだけど、ちょっとビロウなことなので躊躇してたんだけど、事態が続くので意を決して。

 クリニックの裏の駐車場前の道路にて。朝起きて覗くとイヌと思われるクソが、週に3回はお供えしてあるのね。曜日は決まってないんだけど、りっぱなのが大体半径3mぐらいの範囲のなかにしてある。

●すずめおどし


 なにせ田舎のことなので稲穂が実る時期になると、毎年いくつかの田んぼから、突然轟音がし始める。いわゆる”すずめおどし”の一種ですずめさんを初めとする害鳥から稲を守ろうとしてるわけね。
 いろいろな形態があるみたいで、近隣の町の田んぼでは三角やぐらを組み、吊されたロープを伝って下から音とともになにか物体が飛び 上がっていく、なんてのも見たことがあるけど、どうもここ直方あたりでは音だけが主流らしい。
 まぁどんな形態であれ、けたたましい音を出すのはメチャクチャ迷惑だと思うんだけど。
 一瞬の爆発音なんだけど、近くを通るときなんかとても驚かされ、ホント寿命が縮む思いにさせられるわけでして

●見せ物小屋


 夜、博多の放生会に行ったときのこと。見せ物小屋がありまして、そこの客寄せがすばらしく組織だっていたのでメモを。

 まず登場人物の紹介。70近くの男性4名と同じぐらいのおばあさん一人、ならびに30前後の男女各一名、そして20代のおにいちゃんが二人。夜店三つ分ぐらいのスペースで作った小屋が舞台。
 人魚やわけの分からない生き物のおどろおどろしい絵が描かれた看板が上に掛けられ、幕を垂らした入り口のところで、一人のおじいさんがやたらしゃべりまくっている。その周囲には人だかりができているのね。
で、なにしゃべってるのかなぁと近づくと、壁のところに小さな小窓がある。日本髪を結い、おしろいを塗り背中をはだけた女性の後ろ姿が窓の近くにじっとしているのが見え、その先にはその女性とは違う方向をこれまたじっと見つめる大勢の観客が見える。

●三半規管


 昼、ちょっと小用でフェリーに乗って豊後水道を渡ったときのこと。台風の影響で結構ゆれがひどかったのね。二等室の窓側に場所を確保し、畳の上にゴロンと横になって時を過ごしたんだけど、反対側見える島が完全に隠れては見えるほどのゆれ。少しでも体を起こすと船酔いが起こりそうな感じでして。

●そこんとこ


 ノートパソコンとデスクトップをつなげてデータのやりとりをしてるんだけど、なかなかうまくいかない。このノートパソコン、以前windowsのMeというOSが入ってたんだけど、なんかご機嫌を損ねて動かなくなってしまって。
で、いろいろ修理したあげく、windouw98というのを装備するようになったのね。この98の方がMeより古く、つまり少し後戻りのシステムになったわけ。
 以前あった便利な機能も使えなく、いろんなアイデアを出しながら四苦八苦してる状態なんだけど、そのときふと思ったのが、矢沢永吉のこと。

●90m


 台風14号が猛威を振るっている。宮古島では風速74m/秒が記録されたとニュースで流れた。
で、この風速って言葉を聞くとなぜかいつも思い出すのが、小学校の二年か三年のころ”はとバス”に乗って東京を観光したときのこと。 バスガイドさんが東京タワーを手のひらで示しながらこういったのね。
「この東京タワーは風速90mでも倒れないように作られてます」
 確かに東京タワーのHPを見ると、記憶通りのことが記載されている。なぜかこの90mという言葉がいままでずっと脳裏から離れないのでして。

●1/f


 数ヶ月前インターネットオークションで手に入れたノート型パソコンが壊れてしまった。記憶媒体のハードディスクがいかれてしまったようでして。
 メーカーに修理に出して見積もってもらったら、オークションで払った額の倍近くもかかることが判明。これでは安くパソコン環境を手に入れた意味がないではないかと、いろんな中古ショップに問い合わせたところ、現在の容量よりは少なくなるものの、メーカーに比べれば相当低額でやりくりできそうなので、さっそく某市のショップへ出かける。
 そこの店に一人でいた三十前後のお兄さんが今日のメモ。

●花火


 今日の昼、運転中に信号にひっかかってとまったときのこと。先頭が軽自動車、次にバン、そしてボクの車と並んだんだけど、前の方から小さな発射音と一緒に小さな火の玉が飛んできたのね。
 最初なにがなんだか分からず、ハンドルを握りながら身構えた。ひょっとしたら車に引火でもして燃え上がるような事態にでもなるじゃなかろうかとの不安で気配をうかがったわけ。すると少しの間をおいてまた飛んでくる。その後も何発かが、方向も横の方とかにも向かって飛び、やがて花火だと分かった。

●スイート


 メモの行き詰まりに気づかれた常連のHY氏より、「話のネタになるかも」ってメールを頂いた。なにかのところで見つけられた文らしい。

: 『ホテルの「スイート・ルーム」を英語で綴ってみてください。「甘い」新婚カップルが泊まる部屋との発想から思わず「sweet
room」と書いてしまいがちですが、正しくは「suite room」と綴ります(発音は全く同じ、但し英語では単に「suite」と言うのが普通です)。「suite」は「suit(スート=スーツ)」と同語源で、「一揃いの」の意味。トランプの10,J,Q,K,Aの5枚を「royal suit(ロイヤル・スート)」と言ったりしますね。というわけで、寝室、居間、浴室が揃った部屋がスイート・ルームです』

●イエモン


 結局昨日のCDは見つからないまま。”The Yellow Monkey” 通称イエモンというバンドのやつで、ボクらのバンドのメンバーが気に入っているやつ。一度演奏してみようということで、そのメンバーが推薦した二曲がコピーされていたんだけど。
 イエモンってのは名前は聞いたことはあったけど、じっくり聴いたことはなく、最初聴いたときあまり感激がなかったというか、あまりおもしろくなかった。要するに感性になじまなかったのね。
 でも、車の運転中とかになにげなく繰り返し繰り返し聴いてると、だんだんよくなってきて。

●バッジ


 昨日からコピーした音楽CDを探しているんだけど、ラベルを付けてなかったせいもあってか、どこに行ったか分からなくて困っている。で探しているとき思い出したこと。

●対偶


 今日看護学校の学生さんが「ひとこと帳」の方に書き込んであったことについてのメモ。
 なんでもテストがあってその担当の先生が事前にこういったらしい。
「みんなが解けないような問題は出しませんから」
 で簡単な問題だろうと期待したところ、実際のテストは難しかったということなんだけど。これってなんだか不思議なカンジがするんだけど。

●左手


 夜のこと。車で坂道を上っていると前の前に大型トラックが走っていて少しスピードダウンを余儀なくされてしまって。そんなことは日常茶飯事だけど、少し奇妙なことがありまして。
 街灯なんかもない坂で、ときどき車のライトに道に散った小枝が照らし出されてたんだけど、最初のうちは、まぁ強風でも吹いて飛ばされたのかなと、そんなに気にならなかったんだけど、でもいやにその光景が続いく。よく考えるとこちらの車線側しか落ちてないし、そんなに強い風も吹いてなかったのになんだか不思議だなとか思い始めて。

●天花粉


 あまり患者さんのことはメモしないようにしているんだけど、これは許してもらえると思うので。
 今日その患者さんが喉が痛いといってこられたのね。お年は五十をゆうに過ぎた方。結局、扁桃腺が腫れてたんだけど、診察の際に胸に白い粉がついているのに気づいたわけ。ベビーパウダー、昔風でいう天花粉ってヤツなんだけど、それがまばらに胸元に付いているのね。