●プール


 今日、大都会のプールへ遊びに行った。8月最後の日曜だし、少し夏を名残惜しもうという魂胆。
 もちろん、イタリアあたりの観光地へと遊びに行く手もあるが、あいにくどこが観光地かよく知らない。パスポートも申請しなくてはならないし、ついでにどこに申請に行けばいいのかも知らないので、イタリアはしばらくは延期しようと決めた。

●ケーブル


 先日、クリニックにパソコンが一台増えた。クリニックの収入は増えないけど、電気を食うものが増えた。
 でもまぁパソコンの一台くらい養っていくぐらいの度量は持ち合わせている。さらには院長は並以上のパソコンの知識を持っている。
 見知らぬ外国の地で、貧乏だけど優秀なコンダクターがつくようなものだ。ほんとに幸せなパソコンだ。

●顔


 群から離され不安になった羊は、仲間の顔を見せられると、安心するというニュースより。
 顔の大きさほどの逆三角形の写真が掛けられた部屋に、羊さんをひとりぽっちにする。この逆三角形は顔をイメージさせているそうな。 で、血液のなかのストレスホルモンを測ると高くなっていて、心電図を取ると、心臓バクバクの状態になっている。
 その状態で15分ほどして、今度はその写真を仲間の顔写真に変えるものと、羊さんと親戚みたいなヤギさんの顔写真に変えるものと、逆三角形そのままのものとに分けて調べると、仲間の写真を見せてもらった羊さんはホルモンも心臓も落ち着いたという。

●習い事


 音楽の習い事をすると、IQが高くなったという記事より。
 6才の子供たちを募集して、ピアノを習わせる群、歌を教える群、演技を教える群、それとなにも習わせない群に分けて一年後にIQテストをしたところ、ピアノと歌の群が、始める前よりよくなったという。

●ギガ


 昨日、友人からパソコンをプレゼントされた。なんのプレゼントかというと、これがマンガみたいなことなので、最後にメモしようかと。
 でね、クリニックには計4台のパソコンがあるけど、このメモをしているパソコン以外は全部、中古をタダでもらったり、酒代程度の料金で譲り受けたもの。業務用のものは、それでもけなげに医療点数を数えたり、事務処理をやってくれている。

 ただ多くは私用に使っているこのパソコンにはちょっと難点がありまして。というのは、容量が12ギガでちょっと少ないのね。ちょこっとボリュームのあるものを記憶させると、あっという間に残りの容量が少なくなる。

 ということで、円グラフの4分の3ぐらいになると、せっせといらないファイルを削除しまくっている。
 ソーメンを茹でているときの、差し水みたいなものだ。そのタイミングを別に誰から教わったわけじゃない。なんとなくあふれそうになる前にやっている。実際は4分の3以上入れても大丈夫で、もう少し余裕があるような気もするけど、ブクブクあふれ出したお湯が、コンロのガス穴をふさいでしまうよりは、パソコンの場合、でかい被害が出るんじゃなかろうかとの不安がある。

 でもね、おニューのものは、なんと80ギガ。つまり6倍以上の容量ということになり、これで、もう一安心。いくらでも入れられるよね。
 円グラフの4分の3以上入れても、もう大丈夫だよね。

 だけど、どれくらいになったら心配しなくちゃいけなくなるんだろうか。容量がでかい分だけ、ギリギリのところまで行けるような気もするけど、またブクブクあふれ出すお湯のイメージが出てくる。
 結局、4分の3あたりから、また気にし出すパソコンライフが待っているような気もする。


 まぁそれはそれとして、なんのプレゼントかというと、これが鳥獣ギガのような理由だったわけでして。

幸後社長、どうもありがとう。ブックオフ、また利用しまッス。それときわめて分かりにくいメモになってしまってます。鳥獣戯画が日本最初のマンガという点と、そのなかに確かあったと記憶する婚礼の図がマッチすれば、おもしろいかなと思ってメモしてみましたけど、やなり分からないというご意見の方が多かったようで。

●意味


 今日、スポーツジムに行った帰り際のこと。出入り口のカウンターのとこで、スタッフとメンバーさんがなにやら話をしてる。そのメンバーさんのいうところでは、ジムの別のスタッフが、今開催中のオリンピック会場を映し出していたテレビ画面に出ていたという。

●髪の毛


 メスの青色シジュウカラは父親が魅力的だと、よりいっそうお母さんぶりを発揮するというニュースより。
  魅力的でない父親だと、母親ぶりの発揮は少なくなり、子供が弱くなるという。トサカの毛が大きくて濃い紫をしているオスが、魅力的なやつらしい。

●印刷機


 皮膚をジェット噴射の印刷機で作る研究が進んでいるらしい。
 従来の方法だと、皮膚の一部の細胞を土台となる基質というものの上に置き、それが立体構造を取るまで待たなくてはいけなかったのが、ジェット印刷で細胞を吹き付けると、最初から立体になるという。
 もちろん解決しなくてはいけない問題が山積みのようだけど、再生医療のなかでは皮膚の研究はかなり先端を走っているようで、期待できそう。

●長寿


 長寿への道が一つ開けたかもというニュース
 身体に悪い活性酸素というのがあるんだけど、それを押さえ込むタンパク質があって、そのタンパク質をたくさん増やす遺伝子が見つかったというのがその内容。ハエを使った実験では、その遺伝子をもってるハエは長生きし、そうじゃないのは早死にしたらしい。

●甲子園


 昨日、四国の松山でぶらぶらしていたときのこと。アーケード街で高校生の甲子園大会に出くわした。といっても、野球ではなく「俳句甲子園」。
 松山は夏目漱石を初め、正岡子規などが居を構えたこともあり、文学とはなじみが深い土地がら。ということで始められた企画らしい。
高校生が主催者の出した”お題”にちなんで俳句を詠み、審査員が優劣を決めていくというもの。この企画、何年か前にNHKが特集をしていたのを見たことがある。

●集中


 いまフェリーに揺られての旅行中。二等客室は避難所みたいな混みよう。そんななかでジャンヌダルクのように果敢に人生を切り開こうとしている女の子が、すぐ隣にいるのでメモしておこうかと。

●母音


 名前で、その人のセクシー度が上がったり、下がったりするかもというニュースより。
 言語学者がやった実験で、ネット上でいろんな人の顔写真を載せて、”艶っぽい”かどうかを閲覧した人に聞いてみた。ただしその写真の名前はデッチ上げのもの。

●猛暑


 なんでも、インド洋で発生したモンスーンががんばり過ぎて、成層圏に近いところで高気圧ができてるそうな。そのチベット高気圧というやつが、今年の猛暑の原因らしい。 ホントに暑い。チベット高気圧さん、あなたの力は分かった。分かりすぎるくらい分かったから、もうチベット、その力を緩めてもらえないだろうか。

●病名


 マルタ病という病気があった。過去形で書いたのは、地中海のマルタ島の人たちが反対して、病名を変えたからなのね。この病気、細菌で起こるんだけど、確かに、名前だけ聞くとマルタ島に広がる風土病として誤解されるかもしれない。
 そんなこんなの詳しい経緯がここの記事にある。

●能古の島


 今日、ふと思い立って福岡市の博多湾に浮かぶ”能古の島”に行った。井上陽水さんの”能古の島の思い出”や、作家の壇一雄さんが最期を送った地ということで有名な島。福岡市内には何年も住んでいたことがあるにも関わらず、行った記憶がない。

●点


 サッカーのアジアカップで日本が優勝した。過去の戦争の傷を今も引きずっていて、いろいろ難しい問題を抱える試合になったみたいだけど、それにしても、サッカーってなんであんなに熱くなるんだろう。
 にわかスポーツファンだけど、全く理解できない。

 想像するに、他のスポーツと違って一点がなかなか取れないところに、熱くなっていく要素があるんじゃなかろうか。野球みたいに”一回の攻撃で5点入りました”ってなことも、そんなにめずらしくなければ、負けてても、それほど熱くならずもうすこし冷静に観戦できるような気がするんだけど。

 でもね、やっぱりたかが一点と思うのね。今回の試合だって、たった2点差だったわけでしょ。通ってる中古CDショップなんか、100点集めないと、割引が効かないのよ。

…なんていっても理解してもらえないか。

 一点で、二転三転、有頂天、ってな交通標語的解釈で、今日のメモ、さっさとおしまい。

●パニック


 今日の昼のこと。ヒマなクリニックであることを知ってか、子供が3人、待合いに駆け込んできた。小学5,6年の女の子ひとりと、1,2年生と思われる男の子二人で、その男の子のひとりが泣いている。
 どうしたのかと聞くと、その子、胸の辺りを押さえながら、「死んでしまう」と、死んでしまう割には元気に訴えてる。どうやらその子とおねえちゃんは姉弟のようで、おねえちゃんの話によると、誤ってラムネの玉を飲み込んだらしい。

●傷


友達のちょっとした思いやりが傷を早く癒すんだよという科学ニュースより。社会的なサポートが健康に与える生理学的な影響を研究している人たちの報告で、簡単にいうとこんな感じの実験をした結果、ストレスは傷の治りを遅くし、社会的な接触はそのストレスの作用を押さえることが分かったという。

●ウジ虫


ウジ虫で傷を治す治療が米国のFDAで認められたらしい。この治療、随分前からあって、英国でもすでに保険の対象になっているみたいだから、きっと効果はあるんだろう。

●疑問


 今日、親しくしてもらっているあるご夫婦と、ある故人を偲ぶ会にご一緒した。その会場に向かうタクシーのなかでのこと。
 ここんとこ暑い日が続いていて、今日の昼もムシムシとした天候だった。で、オクさんが、「なんでこんなに暑いのかしら」という。するとダンナさんが間髪入れずに、こうおっしゃる。
「地球の地軸は傾いていて夏は太陽光線の放射面積が多くなるの。それだけじゃなく地球温暖化も加わってて…」云々。