●岩



 写真は中国のあるファッションロックカフェに飾ってある岩だ。30×20×15cmの大きさで、個人的には石と表現するのが合っているような気もするのだが、ネタ元の記事に”rock”と書いてあるから岩としよう。

●マッチョ



 MACHO計画というのがあったのはなんとなく知っていた。マッチョと読み、画像のようなムキムキマンを意味するあのマッチョと同じ綴りだ。
 宇宙の暗黒物質をさぐる計画で、ネットで調べた文言をつなげるとこうなる。

●スーダラ節


 以下は以前のHPで興味あるサイトを紹介するコーナーに掲載していたもの。

●ねつ造


 ’03年4月、湾岸戦争の”炎”たけなわのとき、戦場カメラマンの”でっち上げ”写真についてメモで触れたことがある。


 今日テレビで、Timesの報道写真が合成だったとの ニュースが流れていた。なにやら有名な写真家らしいのだが、もちろんクビになったということだ。きっと合成した写真の兵士の片足の動きと民衆の視線が、この写真家には気に入ったんだろうね。
 あのロバートキャパの有名な「崩れ落ちる兵士」も、ボクにはいまだにやらせの感が拭えない。(すでに、やらせってことになっているんだったっけ?)
 そもそも戦争報道写真にいい構図なんてのはあるんだろうかと思うわけで。

 まぁむずかしい話は分からないが、どうせやるなら これくらいやっておけばよかったのにね。

●ツバ


 ここのメモを見ている方ならツバには馴れ親しんでおられることだろう。読みながらいつも眉につけておられるはずだし、なかには画面に吐きつける方もおられるかもしれない。
 だが蚊のツバはどうだろうか。大半の方が関心ないに違いない。だが研究者はそうではないようだ。

●お宮参り


 双子が誕生してから早いもので一ヶ月を過ぎた。親として何ができるか日々考えている。たとえば地球温暖化に耐えられる子に育つようミルクは熱めにしているのもその一つだ。

 だが二の矢が撃てない。そこで神頼みをすることにした。いわゆるお宮参りである。

●虎


 写真は中国の動物園での一コマだ。一頭の虎の子しか写っていないが、記事によると兄弟が3頭いるらしい。


●仮説

 
「北極の北には何がある?」という本を手にした。とても砕けた哲学書といった内容なのだが、そのなかに気になる件があったのでメモしておきたい。
 表と裏にそれぞれアルファベットと数字が書いてあるカードがあり、図のように見えているとする。


 この4枚のカードで「母音が書かれたカードの裏には偶数書かれている」ということが正しいかどうか、もっとも手早く調べるためにはどのカードをめくればいいか考えておくれってなことが述べられているのだが、これが案外むずかしい。

●サンショウウオ


 足の短さに共感を覚えたのか、幼いころからサンショウウオが好きだった。だが名前の由来については知らない。
 ネットで調べると分泌物の臭いが山椒の香りに似ているとか、山に生きる魚の山生魚から転じたとかいろいろあるようだが、それぞれ根拠が曖昧で、結局はっきりしないというのが実状のようだ。
 だが今日、その由来について確信してもいいと考えられる情報を得た。サンショウウオ型ロボットのことが触れられている記事だ。

●水


 水、すなわちH2Oについての研究が今もなお進められているという。一節を紹介してみよう。

 「長年、水の分子は平均4つの水分子と水素結合していると考えられていたが、2004年に2つの水分子と結合しているという見解が登場した。 この主張が正しいなら水というものの見方がひっくり返るかもしれない」

●院長とスタッフの会話「育爺」

これ、これからもいろいろ使えるな。2バイト文字が使えるし。

●ガラス


 「ガラスは液体だって、知ってる?」
  夜の街のカウンター越しにいくたびこのセリフを口にしただろう。

●チラシ



  昨日の診療はヒマだった。時間があるなら溜まった古新聞でも処分せよとのカミさんの命が下り重い腰を上げた次第だ。そのとき新聞に混じるたくさんの折り込みチラシを見てふとある考えが頭をよぎったのでメモしたい。