●4年以内に70%−その2

4年以内に70%という地震が起きる確率ついてネットにこんな意見があった。

4年以内に地震の起こる率が70%であれば、4年内に地震が起こらない確率は30%。 次の4年間、つまり現在から8年間に地震の起こらない確率は 30%×30%で、9%。 同様にその次の4年間、つまり現在から8年間に地震の起こらない確率は 30%×30%×30%で、2.7%。 以下、同種の計算で0.81% 0.24% 0.073%。

この逆に、地震の起こる確率は、
4年 70%
8年 97.3%
12年 99.2%
16年 99.7%
20年 99.93%

●4年以内に70%

つい最近、東大地震研が、首都圏でマグニチュード7級の地震が 4年以内に70%の確率で起こると発表した。政府は30年以内に70%程度といっているらしいが、地震が起こりそうな度合いはさておき、政府の長い年月の表現では気づかなかったことがある。
そもそも地震が”何年以内に”という表現と起こる確率はどういう関係にあるの?