●偉大なる失敗

画像はいつかどこかでなんどか見たものだ。ワニ(詳しくはナイルワニ)と鳥(詳しくはナイルチドリ)がなかよくしている瞬間を撮っているものと信じていた。だが違うという。
歴史的な天才科学者たちも誤りを冒すという視点で書かれた「偉大なる失敗」という本のなかにそうした事態は起こっていないというようなくだりがあったのだ。

その要旨を箇条書きにするとこうなる。

●都構想

5月17日の住民投票で、大阪都構想の是非に決着がついた。九州に住んでいるにも関わらずとても関心を抱いて推移を見守っていた。というのは、住民投票キャンペーン真っ只中のゴールデンウィークにUSJをはじめ大阪にある子供向け施設に赴いていたからだ。双方の熱気を直に感じた以上、たとえばたまたま夏の甲子園の会場にいたものがその勝敗の行方にいくばくかの関心をいだくだろうがごとく、その結末に興味を持っていたというわけだ。